上司に向かって退職届を提出している女性

このページでは、退職代行の業者を比較・評価して、おすすめの業者を紹介しています。

当サイトでの、総合でのおすすめ退職代行ランキングと、運営別で比較したランキングを載せているのでご覧ください。

退職代行サービスの基礎知識やおすすめの人

退職代行は名前のとおり、労働者本人に代わって、退職の処理をおこなってくれるサービス。

2018年ころから、急速に利用者が増えてきました。

退職代行のサービスの流れ

  • お問い合わせ
  • 業者に相談する
  • 料金の支払い
  • 退職の詳細を詰めていく
  • 希望した日に退職代行を実行

上記の流れで、退職代行は進んでいきます。お問い合わせはLINEやメールでおこない、まずは業者に疑問や不安を相談します。

サービスを利用する事を決めたら、料金を支払い、あなたの情報や退職の詳細を詰めていきます。

そして希望した日に、退職代行を実行するといった流れになります。

退職代行で依頼者がすること

退職代行で依頼者がすることは、

  • 退職届
  • 健康保険証
  • 会社の備品

などを業者の指示にしたがって、郵送で会社に送り返すくらいです。

退職届は、各業者でテンプレートがあるので書くこと自体は、難しくありません。そして

  • 離職票
  • 年金手帳

などの、あなたにとって重要な書類は、会社から郵送で送られてきます。

ここまでが、退職代行サービスの退職完了までの一連の流れになります。

退職代行で辞めるのがおすすめな人

「仕事や人間関係がつらい」「給料などの待遇が悪い」など会社を辞めたい理由は、人それぞれです。

ですが、辞める時は必ず退職することを伝えないといけませんよね。
その退職する意思を、退職代行を利用して伝えるのがおすすめな人は

  • 自分で上司に辞めると言いづらい
  • 引き止めにあって辞めれない
  • 入社してすぐだから辞めづらい
  • 上司や会社の圧力で辞めさせてもらえない

と言った人です。
とくに「すんなりと辞めさせてもらえない…」という人には、退職代行の利用は有効です。

退職代行おすすめランキング【徹底比較】

退職代行サービス比較表

サービス名料金 (税込)特徴
退職代行SARABA25,000円定番の退職代行サービス
退職代行ガーディアン29,800円法適合の労働組合の退職代行
退職代行ニコイチ27,000円16年前からある老舗の退職代行
弁護士法人みやび55000円他社で断られた困難ケースもOK
退職代行NEXT33,000円基本料金の安い弁護士の退職代行

それぞれの退職代行の業者を紹介していきます。

退職代行SARABA:定番の退職代行サービス

退職代行SARABAの公式サイト画像

【料金】25,000円(税込)
労働組合による退職代行サービス

【特徴】退職代行SARABAは、1番知名度がある人気の業者です。今までの実績は15000人以上で、24時間いつでも返信が早いことに定評があります。「みんなに利用されている方が安心」と言う人におすすめです。

≫退職代行SARABAの詳細はこちら

※退職代行SARABAの登録方法については「退職代行SARABAのLINE登録から支払い方法まで画像付きで完全解説」をご覧ください。

退職代行ガーディアン:法適合の労働組合の退職代行

【料金】29,800円(税込)
労働組合による退職代行サービス

【特徴】労働組合が退職の代行をおこなうので、会社とも交渉ができます。1999年に設立した古くからある東京労働経済組合という、労働組合が代行をおこなうので、安心できるかと思います。

≫退職代行ガーディアンの詳細はこちら

※退職代行ガーディアンについて、詳しく知りたい方は「こちらの記事」も、あわせて読んでください。

退職代行ニコイチ:16年前からある老舗の退職代行

【料金】27,000円(税込)
民間業者による退職代行サービス

【特徴】運営歴が16年で、退職代行として1番古くから運営されている業者。代行実績も2021年7月現在で28000人以上あり、退職成功率100%を継続中。「実績や運営歴を重視したい」と言う人が利用したいですね。

≫退職代行ニコイチの詳細はこちら

※さらに退職代行ニコイチについて、詳しく知りたい方は「こちらの記事」を、ご覧ください。

弁護士法人みやび:他社で断られた困難ケースもOK

【料金】55,000円(税込)
弁護士による退職代行

【特徴】弁護士事務所が運営しているので、未払いの金銭請求や法的な手続きもできます。金銭請求をした場合は、回収した額の20パーセントが費用としてかかります。「金銭請求したい人や会社と揉めるかもしれない人」は、みやびを利用するのがよいです。

≫弁護士法人みやびの詳細はこちら

※弁護士法人みやびについて、さらに知りたい方は「こちらの記事」をご覧ください。

退職代行NEXT:基本料金の安い弁護士の退職代行

【料金33,000円(税込)
弁護士による退職代行

【特徴】弁護士事務所なので、金銭請求や法的手続きをすることが可能。基本料金が33,000円と、弁護士の退職代行としては料金が安いです。「弁護士に頼みたいけど高い費用がネック」という人は、NEXTの利用を検討してみては。

≫退職代行NEXTの詳細はこちら

※退職代行NEXTについて、さらに知りたい方は「こちらの記事」をご覧ください。

退職代行をタイプ別で比較【おすすめの業者】

  • 民間業者
  • 労働組合
  • 弁護士

退職代行には、上記の3つのタイプがあるのですが、それぞれどういった人にあっているのか解説します。

民間業者のおすすめの退職代行

【特徴】民間業者は会社との交渉権がありません(会社と交渉すると弁護士法の非弁行為に当たる可能性が高い)。

なので退職を伝えるのを代行することしかできません。ただし料金は10,000円~30,000円と安め。

【向いている人】退職を伝えても、揉めそうにない人で料金を安くしたい人
【向いていない人】退職を伝えると、上司や会社が引き止めてきたり、ブラック企業な会社の人

民間企業のおすすめの退職代行サービス

労働組合のおすすめの退職代行

【特徴】労働組合は会社との交渉権があり、本人と変わって会社と交渉することが可能

有給消化の交渉から、引き止めの対応まで会社と交渉する事ができます。料金は25,000円~30,000円ほどです。

【向いている人】退職を伝えると引き止められたり、会社と揉める可能性がある人
【向いていない人】残業代などの未払いの金銭の請求や法的な手続きをしたい人

※辞めるだけなら、労働組合の退職代行は、費用と安心の面で考えても1番おすすめできます。

労働組合のおすすめの退職代行サービス

弁護士のおすすめの退職代行

【特徴】弁護士は基本料金が、ほとんどの業者が50,000以上で、金銭請求などをした場合などに追加料金がかかります。

ただし弁護士は会社との交渉権があるのはもちろん、残業代や給料などの未払い金の請求、法的な手続きをすることが可能。法律のプロなので、安心感がありますね。

【向いている人】金銭の請求や法的な手続きをしたい人
【向いていない人】普通に退職できれば問題ない人

弁護士のおすすめの退職代行サービス

退職代行のよくある質問【Q&A】

退職代行を使うデメリットはある?

退職代行とは?利用するメリット・デメリット3つ【使った人の意見】」にも書きましたが、お金がかかることや、どこかでバッタリと会社の人と会うかもしれない事です

退職代行を使ってトラブルにならないの?

過去に会社が反発して交渉が必要になりトラブルに発展したことがあります。
ですが、労働組合か弁護士の退職代行を利用すれば回避できます。
参考:退職代行を使ってトラブルにならないの?事例や対応できる業者を紹介

退職代行の流れをもう少し詳しく知りたい

退職代行の流れや7つの手順ををわかりやすく解説【3分で読める】」にて、退職代行の手順について詳しく解説しているので、詳しく知りたい方はご覧ください。

まとめ

退職代行サービスは流行りだしてから、まだ3年ほどのサービスですが、最近はとくに利用者が増えてきています。

退職代行を批判する人もいますが、気にせず使った方がよいです。

自分で辞めると伝えると、引き止められたりして、余計に辞めづらくなります。
さらに「今は忙しい」と、辞めるのを引き延ばされたりして、いつまでも辞めれないといったことにもなります。

世話になった上司や同僚のことを考えて、情が出てしまい、辞めると言いだせなかったりしますしね。

なので、時間をムダにしないためにも、退職代行を利用して早く辞めてしまうほうがよいです。

サービス名料金 (税込)特徴
退職代行SARABA25,000円定番の退職代行サービス
退職代行ガーディアン29,800円法適合の労働組合の退職代行
退職代行ニコイチ27,000円16年前からある老舗の退職代行
弁護士法人みやび55000円他社で断られた困難ケースもOK
退職代行NEXT33,000円基本料金の安い弁護士の退職代行